祈年殿の内部、竜井柱。
中は非常にうす暗く、肉眼では観察は厳しいです。