この風景を見ていたとき、何を考えていたんだろう。
あるひとつの幸せを胸にブルーの空を眺めてた、のかな。
小さな破片のように、自分のココロの中に存在する。