« オランダとベルリンとロンドン、ん、古代エジプト。 | トップページ | 練習あるのみ。 »

パピルス。

パピルス。
古代エジプトでの紙と
同じ材質でのものとか。
大英博物館展で買ってきました。

死後の世界で楽園に行き着くまで
はかなり大変そう。
心臓に生前の行いを語らせる場面が
あるのですが、勝手に語らないよう、
呪文が書かれたものもありました。^^
なかなか面白かったです。

★Nuu ★

|

« オランダとベルリンとロンドン、ん、古代エジプト。 | トップページ | 練習あるのみ。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

パピルスを、王様が生涯に使う量の少なさに、如何に紙が貴重だったかを知ったことがあります。

住居の近くに、淀川があって、鵜殿という地域があるのですが、そこの葦はヒチリキのリードになります。その葦を使って、紙をすく試みがあり、我が家の襖紙は、そのパピルスです。

投稿: copp | 2012年7月25日 (水) 14時50分

Nuuさん (p≧w≦q)オッ☆ o(≧▽≦)o ハァァァァァァ♪
心臓が勝手にしゃべるのですか・・・聖人君子ではないのでちょっと怖いですね(*^。^*)

投稿: kazu | 2012年7月26日 (木) 09時07分

▽coppさんへ
すごく長い書でした、30mくらいだったかな。
パピルスっていい味ありますよね。

▽kazuさんへ
そうなんです、生前の行いを心臓に聞くのです。
そんなときに自分の意思とは異なることを言わないように
呪文があるとのこと。
善人でなくても楽園に行ける、ってことらしいです。^^

投稿: coppさん、kazuさんへ(Nuu) | 2012年7月30日 (月) 02時46分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パピルス。:

« オランダとベルリンとロンドン、ん、古代エジプト。 | トップページ | 練習あるのみ。 »