« 5年ぶり。 | トップページ | 夜に輝く、国立新美術館。 »

フェルメール・ブルー

Dscf0102_

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日、友人と会った後、フェルメールブルーを観て来ました。
国立新美術館でやっている、
フェルメール「牛乳を注ぐ女」とオランダ風俗画展。

画家、ヨハネス・フェルメールは
わずか三十数点しか現存しないんですね。
この展示も1点のみでしたが、
他の画家さんのとは、やはり異なる輝きを放ってました。

17世紀はオランダが経済発展していた時代。
展示の風俗画から、当時の生活を知ることができました。 
このあたりは、音声ガイドを借りると楽しく絵を観れますよ♪

 
Vermeer Blueをぱくり、のshionでした・・・-~☆

 

|

« 5年ぶり。 | トップページ | 夜に輝く、国立新美術館。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

いいですねぇ。フェルメール。
何年経っても色が維持されてるのもすごいですね。

投稿: hyu- | 2007年10月14日 (日) 21時18分

行ってきました~!
フェルメール、人気があるのが解りました^^
どんなものも維持するのは大変ですよね。
そしてあの色は、
カタログとかでは表現できないみたい...
やはり、そのモノを見ないとだめですね(^^)

投稿: ▼hyu-さんへ | 2007年10月15日 (月) 00時10分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フェルメール・ブルー:

« 5年ぶり。 | トップページ | 夜に輝く、国立新美術館。 »