« 中国に行く-(2)携帯電話 | トップページ | 中国に行く-(4)上海の変化する街 »

中国に行く-(3)上海の豫園

Dscf1898h1_上海にある古園の豫園
(よえん:Yu yuan)に寄りました。
約40の建物が点在し、
塀や異なる植木を使いながら
広く見せる工夫がされていました。
中国の庭園に日本も影響されたのかな。
(よく見ると、屋根にぞうのようなモノが)

 
            チケットの写真にもなってる龍壁。
Dscf1899h__って、口は馬、耳は牛、胴は蛇、爪は鷹
などなど、組み合わされたものだそう。
当時皇帝のシンボルだった龍、
指を3本にして別の生き物にしたとか。

  
070901112001__豫園の周辺には伝統様式の
小さなお店がありました。
工芸品、屋台など色々と。
橋の所ではお饅頭屋の行列みたい。
人も凄く多かった。中国の方も
地方から随分観光にきてますね。
みなさん、にぎやかでした(笑) 

 
 
千円でROREXなど1→12個へには(苦笑)、shionでした・・・-~☆

|

« 中国に行く-(2)携帯電話 | トップページ | 中国に行く-(4)上海の変化する街 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

中国って不思議な雰囲気がしますね。
なんだか異世界のような。
あの窓の中からどんな人が外を眺めてたんだろう、なんて思ってしまいました。

投稿: hyu- | 2007年9月 8日 (土) 21時28分

この建物は四川省のお役人さんが、
ふるさとを懐かしむ父のために造ったとか。
月見をする建物もありました。
月見には家族と一緒に月餅を食べて
家族円満を味合うんですって。(^^)

投稿: shion | 2007年9月 8日 (土) 22時17分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国に行く-(3)上海の豫園:

« 中国に行く-(2)携帯電話 | トップページ | 中国に行く-(4)上海の変化する街 »